FC2ブログ

Article

        

移住の予算

2017/ 01/ 27
                 
 wfwffw
移住の予算

■移住の予算ですが、これは移住者が今現在どこに住んでいるかで大幅に変わってきますが、私の場合は静岡→佐渡を2トントラック一台でA引越し会社にて24万円でした。これに年末であったりすると割り増し料金にもなるのですが、はっきり言って暴利と言えるほどの金額がかかると思っていて下さい。


車も一台運ぶのに最低でも5万~10万の間はかかってきます。大手の何社にも見積りを出しましたが、会社によってはそれじゃあ蔵が建つわいというような金額も出されるので慎重さが必要です、基本的に引越し会社は離島への引越しを面倒臭がります、別にその出発点の会社の担当が行く訳でもないのに嫌がります、そして、佐渡に来た引越し会社のドライバーは逆に大喜びで、

「今日はもうフェリーに乗れないんで、一泊するんで温泉行ってうまいもの食べに行きます」

なんてこともありえるので、慎重にならざるを得ません。


早い話は、ドライバー2人分の宿泊費+αを請求される可能性がある。


ということです、ここいらへんの教訓では、離島だからこそ自分でトラックなどを手配できるのであれば、それに勝る安価な運送手段は無いということです、もし、レンタカーを使うのであれば当然乗り捨てが出来なければなりませんが、これを新潟→両津航路でシュミレーションするとこうなります。


 ◇旧宅→レンタカーを借りる→新潟→フェリー→両津→佐渡新居→両津→フェリー新潟→乗り捨て→フェリー→佐渡新居


ちょっとわかり難いのですが、乗り捨ては佐渡ではできません、したがって荷物を降ろした後は再びフェリーに乗り、新潟で乗り捨てて、フェリーで徒歩で帰ってこなければなりません。

 佐渡に移住するのであれば、ブレーカーの通電、その他新居の片付けなどもありますので、あらかじめ佐渡に渡るという方法もあります、私の場合は私が先に佐渡に渡り、妻が本やビデオ、洋服類などを宅配便で佐渡に送り、引越し会社に運ばせる荷物を最小限にして連係プレーで引越しをしました、これは心理的なものなのかもしれませんが、もし、新潟県など佐渡近隣からの移住であれば、こういう方法もあります。

◇あらかじめ佐渡に渡り佐渡でレンタカーを借りる→両津→フェリー→新潟→旧宅→新潟→フェリー→両津→新居→荷物を降ろし、レンタカーを返して終了!


まぁ、こういう方法もあります、費用は然程変わらなくても段取りと、手間を省く面では良い方法かもしれません、方法はこれだけではないのでいろいろシュミレーションすることをお勧めします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考サイト

□引越しの見積
引越しネット   
http://www.ohikkoshi.net/

□車陸送
株式会社ゼロ  
http://www.zero-nichiriku.co.jp/

□バイク陸送
株式会社BAS 
http://www.bas-bike.jp/index.html


ワンポイントアドバイス
やはりこればかりは同じ移住者に聞いてもトクをしたという話を聞きません、もしそういうお話があれば募集します、バッグ一個で身体一つで来ることも可能ですが(100円均一ショップも一応ある)、やはり引越しにはそれなりに予算がかかるのだとあらかじめ余裕をもって対処した方が無難です、手探りで行き当たりばったりでの引越しは必ずどこかうまくいかないことが起きてしまう可能性が大です。
関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント